訪問診療
診療科目
  • 一般歯科
  • 訪問歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 小児歯科
  • ホワイトニング
クリニックのご案内
  • こんな治療を心がけます
  • 当クリニック4つの特徴
  • 診療案内一覧
  • 院内のご紹介
  • 診療時間と地図
  • 価格表
  • 医療費控除について
患者様の声
スタッフブログ
予診票ダウンロード
ドクターズ・ファイルに掲載されました。
ドクターズ・ファイルに掲載されました。

インプラントと他の治療の違い

少しでも長く、自分の歯を使いたい。これは誰もが願うこと。
けれど、事故などにより、歯を失ってしまうことがあるのも事実。
ここでは、失った歯の代わりに義歯で補う治療法を紹介します。
グリーンデンタルクリニック久地(川崎市・高津区)では、
取り外し式の「入れ歯」固定式の「ブリッジ」
そして「インプラント」の3種類を薦めています。
それぞれの治療法には利点と欠点があり、
患者様の歯や口内の状態により、適した治療法は変わります。
お気軽にお問い合わせください。

入れ歯

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

留め金と人工歯が一体となった取り外し式の義歯が、「入れ歯」。
素材は主に、硬質プラスチックを使用します。

一番奥の歯を失った場合などに使用する「部分入れ歯」と、
すべての歯を失った場合に歯茎のうえに乗せる
「総入れ歯」の2種があります。

「入れ歯」の利点と欠点について

  ・保険治療が適用される。
・素材が制限されますが、比較的安価に行うことができる治療法です。

 一度に何本もの歯を失ってしまった場合にはお勧めです。
  ・食の愉しみの制限
 硬いものがなかなか咬めない。
・異物感がある
 装着方法が不安定になることが多く、入れ歯と歯肉の間に食べ物が入り込んで
 噛むときに痛みを感じたり、堅い物や弾力のある物が噛みにくくなることが
 あります。
・お手入れのわずらわしさ
 食事後にはこまめな洗浄が必要、口臭の原因になることもあります。
・他の歯への悪影響
 留め金で支えるため、入れ歯を支える両隣の歯への負担がかかる。

インプラントはこんな方にオススメの治療です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

「ブリッジ」は、失った本数が1〜2本の場合に行う治療法。
失った歯の両隣の歯を削り、
連結した人工歯で橋をかけるように固定します。

変色の心配がないセラミックなどを使用すれば(保険外診察)、
見た目には義歯とわからない状態にすることも可能です。

「ブリッジ」の利点と欠点について

  ・保険診察が可能
 前歯は硬質プラスチック、奥歯は合成金属(=銀歯)に素材は制限されますが、
 保険診察が可能。比較的安価に行うことができます。
・噛む能力が衰えない
 一体化した複数人工歯を左右両隣の歯で固定するので、装着感はほぼなし。
 また、噛む能力もほぼ自分の歯と変わらないのも特徴です。
  ・両隣に歯がないとできない
 両隣の歯を利用して支える技のために、両隣に歯がないと行うことができません。
 いちばん奥の歯や、3本以上歯を失った場合には、「ブリッジ」治療は
 困難になることもあります。
・健康な歯を削る大きなリスク
 1ヶ所の歯の治療をするために、両隣の健康な歯を削る必要があります。
 歯を削ることは、虫歯をつくる大きな原因になることもあるのです。
・両隣の歯に過重負荷がかかる
 ブリッジを支えることで、両隣の歯に過重負荷がかかります。
 これは健康な歯の寿命を縮める原因にもなり、ブリッジ下部の歯槽骨が
 減少するため、噛み合わせが悪くなることもあります。
・歯肉が変色する原因になることも
 保険治療で使用する歯の土台は、金属。これが唾液により歯肉に流出し、
 歯の周囲を沈着する「ブラックマージン」になる場合があります。